Presentations

▼2021  ▼2020  ▼2019  ▼2018  ▼2017  ▼2016  ▼2015  ▼2014-2009  ▼2008-  ▼Lectures 講義・講演

2021

Oral Presentations 口頭発表

小川萌日香,三谷曜子. 知床半島における海洋ゴミの分布〜東側と西側で違いはあるのか?〜 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/23 オンライン

細田七海,重松早紀,古巻史穂,岩原由佳,三谷曜子. 地球温暖化に伴う秋期北海道沿岸域のハクジラ類の将来分布変化予測 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/23 オンライン

三谷曜子, 大槻優喜. 北海道釧路沖の底刺網漁業とシャチとの競合に関する研究 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/23 オンライン

村山恭平,三谷曜子. ステークホルダー分析による北海道東部沿岸のラッコとの共生に向けた課題の抽出 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/23 オンライン

内藤 昭,北 夕紀,中原史生,三谷曜子,吉岡 基,斎野重夫,大泉 宏. 空撮映像を用いたシャチのボディコンディション評価のための計測法の検討 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/23 オンライン

Sakuragi, Y., Mitani, Y., Sugiyama, S., Kanna, N., Yamazaki, A., Kasai, A. Exploring the environmental factors of seal’s distribution in northwestern Greenland. Greenland Science Week  2021/11/11 Katuaq

Poster Presentations ポスター発表

櫻木雄太,山崎彩,笠井亮秀,三谷曜子. 環境DNAを用いた夏期知床半島周辺海域における魚類群集の空間分布 令和4年度日本水産学会春季大会 2022/03/27 オンライン

三谷曜子,櫻木 雄太,古巻 史穂,小川 萌日香,山崎 彩,笠井 亮秀,西沢 文吾,綿貫 豊. 海洋高次捕食者にとって知床周辺海域はどのような場所か? 第69回日本生態学会大会 2022/03/15 Online

Heping Li, Yoko Mitani. Winter distribution of Pacific white-sided dolphins (Lagenorhynchus obliquidens) in the northern waters of Japan. 第69回日本生態学会大会 2022/03/14 Online

落合彩月,鈴木一平, 三谷曜子. 北海道東部沿岸域に生息するチシマラッコの採餌場選択. 第69回日本生態学会大会 2022/03/14 Online

2020

Oral Presentations 口頭発表

木村岳瑠, 三谷曜子. 鯨類の社会構造と利他行動の関係-捕鯨業・いるか漁業従事者のインタビューを通じて-. 令和3年度日本水産学会春季大会 2021/03/29 オンライン

三谷曜子・北夕紀・吉岡基・中原史生・斎野重夫・大泉宏 mtDNAハプロタイプによる北海道周辺海域に来遊する シャチの生態型解明. 令和3年度日本水産学会春季大会 2021/03/28 オンライン

古巻史穂,岩原由佳,三谷曜子. 秋期北海道周辺海域におけるヒゲクジラ類の分布と海洋環境に関する研究. 令和3年度日本水産学会春季大会 2021/03/28 オンライン

重松早紀, 岩原由佳, 三谷曜子. ハビタットモデルを用いた北海道周辺海域におけるハクジラ類の生息域推定. 令和3年度日本水産学会春季大会 2021/03/28 オンライン

大槻優喜, 大泉宏, 北夕紀, 斎野重夫, 中原史生, 吉岡基, 三谷曜子. 深層学習を用いた北海道東部海域に来遊するシャチのコール分類手法開発の試み. 令和3年度日本水産学会春季大会 2021/03/28 オンライン

古巻史穂,三谷曜子. 北海道周辺海域におけるナガスクジラの分布調査と音響観測. 野生動物研究センター共同利用研究会2020 その2 2021/03/24 野生動物研究センター・オンライン

小林希実, 近藤理美, 辻井浩希, 興 克樹, 日田雅美, 吉川隆士, 岡部晴菜, 小川竜太, 李 天鎬, 東 直人, 岡本亮介, 内田詮三, 三谷曜子. 日本国内におけるザトウクジラ(Megaptera novaeangliae)の 海域間交流に関する自動照合システムを用いた研究. 2020年度勇魚会オンラインシンポジウム  2020/12/19 オンライン

小川萌日香, 三谷曜子, 桃井綾子, 櫛引俊彦. 視覚的物体認知の環境適応〜ゼニガタアザラシ (Phoca vitulina) は形状と明度を使用してどのように物体を弁別しているのか?〜 2020年度勇魚会オンラインシンポジウム  2020/12/19 オンライン

田村典江,三谷曜子. 北海道の漁業地域における 海生哺乳類漁業被害の枠組みの検討. 地域漁業学会 第62回大会 2020/11/07 WEB

Sakuragi, Y., Burkanov, N.V., Andrews, D.N., Mitani, Y. Diving classifcation of lactating northern fur seals based on three-dimensional movements. PICES 2020  2020/10/30 オンライン

Poster Presentations ポスター発表

Heping Li, Mitani Yoko. Northward migration movement of northern fur seals (Callorhinus ursinus) tracking from north coastal water in Japan. Marine Mammals of the Holarctic, XI International Conference 2021/03/02 Online

Otsuki M, Horimoto T, Kobayashi M, Ijiri S, Mitani Y. Faecal testosterone metabolites in free-ranging male northern fur seals (Callorhinus ursinus) expressed as ash-free dry weight in relation to month, age class, and testis weight. XI International Conference “Marine mammals of the Holarctic”  2021/03/02 Online

Ogawa, M., Mitani, Y., Momoi, A., Kushibiki, T. Harbor seals (Phoca vitulina) discriminate 3D objects : Effects of brightness and shape. PICES  2020/10/26 オンライン

2019

Oral Presentations 口頭発表

薗部のぞみ・中原史・大泉宏・斎野重夫・吉岡基・三谷曜子.行動観察と鳴音記録による根室海峡におけるシャチの採餌場所の推定.令和2年度日本水産学会 春季大会(誌上開催)

石川啓史,三谷曜子,大槻真友子,田村力,坂東武治,小西健志,石塚真由美,池中良徳,中山翔太.ヒゲ板中安定同位体比から推定するクロミンククジラ成熟雄の回遊生態.令和2年度日本水産学会 春季大会(誌上開催)

落合彩月・鈴木一平・ 三谷曜子.北海道東部におけるチシマラッコの採餌環境と餌選択性.令和2年度日本水産学会 春季大会(誌上開催)

櫻木雄太,Burkanov V.N.,Andrews R.D.,三谷曜子. 3Dロガーは見た!水中に舞うキタオットセイの三次元的な潜水行動. 2019年度勇魚会シンポジウム, 東京海洋大学品川キャンパス 東京都, 2019/12/01

堀本高矩,櫻木雄太,三谷曜子. 北海道西部日本海におけるキタオットセイの分布様式. 2019年度水産海洋学会研究発表大会. 東北大学農学部,仙台. 2019/11/09

三谷曜子.キタオットセイの回遊生態解明への挑戦.第三回犬山鯨類鰭脚類行動シンポジウム(CetaPin3),京都大学霊長類研究所,2019年10月19日

小川萌日香, 三谷曜子, 桃井綾子, 櫛引俊彦, 加藤愛. 飼育個体におけるゼニガタアザラシの視覚的認知に関する研究.第三回犬山鯨類鰭脚類行動シンポジウム(CetaPin3) ,京都大学霊長類研究所,2019年10月19日

Poster Presentations ポスター発表

櫻木雄太,Burkanov N. Vladimir,Andrews D. Russel,三谷曜子.キタオットセイの異なる三次元潜水パターンは効率的な採餌のためか.2020年第67回日本生態学会大会(誌上開催)

中鉢蒼,北夕紀,Rolf Ream,三谷曜子. キタオットセイ Callorhinus ursinus における集団構造の検討.2020年第67回日本生態学会大会(誌上開催)

Chubachi, A., Kita, F. Y., Ream, R., Mitani, Y. Genetic structure as revealed by mtDNA and Microsatellites in Northern Fur Seals, Callorhinus ursinus. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Furumaki, S., Tsujii, K., Mitani, Y. Songs of fin whales in the southern Chukchi Sea 2019. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Shigematsu S., Iwahara Y., Mitani Y. Distribution and habitat of deep diving predators, Sperm (Physeter macrocephalus) and Baird’s beaked whales(Berardius bairdii), around Hokkaido, Japan. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Sakuragi, Y., Burkanov, V., Andrews, R. Mitani, Y. Three-dimensional hierarchical prey search behavior of lactating northern fur seals. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Otsuki, Mayuko; Horimoto, Takanori; Kobayashi, Motoki; Ijiri, Shigeho; Mitani, Yoko. Hair testosterone levels of northern fur seals (Callorhinus ursinus) correlate with month and testicular morphometric parameters. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Yoko Mitani, Yukino Hirakawa, Ayaka Matsuda, Yosuke Miyairi, Yusuke Yokoyama, Toshi Nagata. Tracking northern fur seal migrations using 14C in whiskers and satellite tags. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Ippei Suzuki, Mayuka Uchida, Mayumi Ishizuka, Yoshinori Ikenaka, Shouta M.M. Nakayama, Tsutomu Tamura, Kenji Konishi, Takeharu Bando, Yoko Mitani. Tracing life history of immature Antarctic minke whales: Stable isotope oscillation in baleen revealed ontogenetic diet shifts and seasonal migration. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Yuki F. Kita, Aoi Chubachi, Miwa Suzuki, Rolf Ream, Yoko Mitani. Genetic structure analysis of northern fur seals (Callorhinus ursinus) using MIG-seq method. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Koki Tsujii, Tomonari Akamatsu, Ryosuke Okamoto, Kyoichi Mori, Yoko Mitani. Diel variation in humpback whale singing activity off Chichi-jima Island, Ogasawara, Japan. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

Yuka Iwahara, Takanori Horimoto, Masayuki Chimura, Hiroshige Tanaka, Yoko Mitani. Distribution of Pacific white-sided dolphin and Dall’s porpoise in the western coast of Hokkaido, Japan. World Marine Mammal Science Conference, Centre de Convencions Internacional de Barcelona Brcelona, Spain, 2019/12/09

 

2018

Oral Presentations 口頭発表

Mitani Y, Kitano Y, Suzuki I, Davis R. The return of sea otters along the coast of eastern Hokkaido, Japan Sea otter conservation workshop XI, Seattle Aquarium, Seattle, USA, 2019/03/29

北野雄大,鈴木一平,三谷曜子.北海道東部沿岸に生息するラッコの採餌生態.平成31年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京都,2019/03/28

櫻木雄太,Vladimir N. Burkanov,Russel D. Andrews,三谷曜子. 授乳期間中における雌キタオットセイの3次元的な餌探索行動.平成31年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京都,2019/03/27

中鉢蒼,北夕紀,三谷曜子.キタオットセイの保全管理に向けた集団遺伝学的研究.平成31年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京都,2019/03/27

古巻史穂,辻井浩希,三谷曜子. チャクチ海南部に来遊するナガスクジラのソングに関する研究.2018年度勇魚会シンポジウム,静岡産学交流センターB-nest,静岡県,2019/03/17

重松早紀,岩原由佳,三谷曜子. 深海性捕食者であるマッコウクジラとツチクジラの北海道周辺海域における分布特性.2018年度勇魚会シンポジウム,静岡産学交流センターB-nest,静岡県,2019/03/17

薗部のぞみ,中原史生,大澤克揮,大 泉宏,斎野重夫,吉岡基,三谷曜子. 根室海峡に来遊するシャチの採餌行動に関する研究.2018年度勇魚会シンポジウム,静岡産学交流センターB-nest,静岡県,2019/03/17

櫻木雄太,Vladimir N. Burkanov,Russel D. Andrews,三谷曜子. 授乳期間中の雌キタオットセイにおける潜水中の三次元的な地域限定餌探索行動.2018年度勇魚会シンポジウム,静岡産学交流センターB-nest,静岡県,2019/03/17

Mitani Y, Hirakwa Y, Horimoto T. Satellite tracking of northern fur seals from the Japan Sea coast of Hokkaido. Marine Mammals of the Holarctic X, Scientific Library of the Northern Arctic Federal University, Arkhangelsk, Russia, 2018/11/2

櫻木雄太, Vladimir N. B., Russel D. A., 三谷曜子. 授乳期間中における雌キタオットセイの採餌戦略.第2回犬山鰭脚類行動シンポジウム,京都大学霊長類研究所,愛知県,2018/10/13

平川由季乃,松田純佳,宮入陽介,横山祐典,永田俊,三谷曜子.衛星発信器とヒゲ中の炭素14を用いたキタオットセイの回遊追跡.日本哺乳類学会2018年度大会, 信州大学伊那キャンパス,長野県,2018/09/08

Poster Presentations ポスター発表

打田茉由果・石塚真由美・池中良徳・水川葉月・ 中山翔太・坂東武治・田村力・小西健志・鈴木一平・三谷曜子. ヒゲ板中安定同位体比変動から推定する クロミンククジラ雌の生活史履歴.平成31年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京都,2019/03/29

古巻史穂,辻井浩希,三谷曜子. チャクチ海南部に来遊するナガスクジラ(Balaenoptera physalus)の鳴音特性に関する研究.平成31年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京都,2019/03/27

Sakuragi Y., Vladimir N. B., Russel D. A., Mitani Y. Testing the optimal foraging theory on lactating female northern fur seals (Callorhinus ursinus). Marine Mammals of the Holarctic Ⅹ, Scientific Library of the Northern Arctic Federal University, Arkhangelsk, Russia, 2018/10/31

Sakuragi Y., Vladimir N. B., Russel D. A., Mitani Y. 授乳期間中の雌キタオットセイ Callorhinus ursinus の最適採餌理論の検証.第14回日本バイオロギング研究会シンポジウム,函館市国際水産・海洋総合研究センター,北海道,2018/09/22

2017

Oral Presentations 口頭発表

打田茉由果, 鈴木一平, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 田村 力, 坂東武治, 小西健志, 三谷曜子.クロミンククジラ未成熟雌の ヒゲ板安定同位体比を用いた摂餌履歴推定 .平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/28

神保美渚,北夕紀,小林万里,三谷曜子.DNAメタバーコーディング食性解析による北海道襟裳岬ゼニガタアザラシの食性種内変異.平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/28

櫻木雄太,小林基樹,髙原英生,三谷曜子.定置網金庫入り口の格子網に対するサケの行動観察.平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/27

大泉 宏,幅 祥太,中原史生,三谷曜子,斎野重夫,吉岡 基.北海道東部周辺海域におけるシャチ(Orcinus orca) の個体識別と群れ構造.平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/28

武内一真,古庄 遥,國正 歩,中原史生,三谷曜子,幅 祥太,斎野重夫,吉岡 基,大泉 宏.釧路沖のシャチにおけるホイッスルとコールの音響特性.平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/28

森阪匡通,五十嵐健志,三谷曜子,太田守信.陸奥湾に来遊するカマイルカの予備的音響モニタリング.平成30年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2018/03/28

Jimbo, M., Kita, F. Y., Kobayashi, M., Mitani, Y. Seasonal diet study on harbor seal (Phoca vitulina) using DNA metabarcoding diet analysis in Erimo, Hokkaido, Japan. 22nd Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Halifax World Trade and Convention Centre, Halifax, Canada, 2017/10/25

三谷曜子.ゼニガタアザラシの行動から漁業との共存への道を探る.第 1 回犬山鯨類鰭脚類行動シンポジウム,京都大学霊長類研究所,2017年10月14日

Poster Presentations ポスター発表

三谷曜子,平川由季乃,堀本高矩.キタオットセイは北海道日本海沿岸からどこに行くのか?第13回 日本バイオロギング研究会シンポジウム,福山大学 宮地茂記念館,2017年11月11日

Horimoto, T., Hirakawa, Y., Tsujimoto, Y., Tashiro, G., Wada, A., Chimura, M., Tanaka, H., Mitani, Y. Spatial distribution of northern fur seal (Callorhinus ursinus) in the Sea of Japan off Hokkaido, Japan: implications for measuring interference with coastal fisheries activities. 22nd Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Halifax World Trade and Convention Centre, Halifax, Canada, 2017/10/25

Hirakawa, Y., Horimoto, T., Mitani, Y. The simplification of discriminating sexual maturity of male northern fur seals (Callorhirus ursinus) based on morphological measurement of genital organs. 22nd Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Halifax World Trade and Convention Centre, Halifax, Canada, 2017/10/25

Otsuki, M., Horimoto, T., Mitani, Y. Do testosterone concentrations predict the likelihood of bycatch in the northern fur seal? 22nd Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Halifax World Trade and Convention Centre, Halifax, Canada, 2017/10/23

Yoko Mitani, Russel D. Andrews, Shota Haba, Fumio Nakahara, Haruna Miyamoto, Hiroshi Ohizumi, Shigeo Saino, Yukiko Yamamoto, Motoi Yoshioka. Satellite-monitored movements of killer whales off Hokkaido, Japan. 22nd Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Halifax World Trade and Convention Centre, Halifax, Canada, 2017/10/23

Kyoichi Mori, Ryosuke Okamoto, Koki Tsujii, Tomonari Akamatsu,Naoya Umeda, Yoko Mitani, Rina Yamada and Takahiro Kijima. The effect of underwater ship noise on humpback whales in the waters of Ogasawara (Bonin) Islands, Japan. The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations”, Tokyo University of Science and Technology, Tokyo, Sep. 24, 2017

三谷曜子,Russel D. Andrews, 幅祥太,宮本春奈,中原史生,大泉宏,斎野重夫,山本友紀子,吉岡基,.北海道東部海域におけるシャチの移動と潜水行動.行動2017,東京大学駒場キャンパス,2017年8月30,31日

2016

Oral Presentations 口頭発表

打田茉由果, 伊藤慶造, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 田村力, 坂東武治, 小西健志, 鈴木一平, 三谷曜子.クロミンククジラ妊娠雌のヒゲ板の安定同位体比を用いた摂餌履歴推定.平成29年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2017/03/27

佐々木史織・吉岡 基・大泉 宏・幅 祥太・三谷曜子・斎野重夫・中原史生・山本友紀子.北海道東部海域に出現するシャチのコールタイプからみた群れ間関係とその発生状況について.平成29年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2017/03/27

大泉 宏・森野あかね・照井さつき・幅 祥太・斎野重夫・三谷曜子・中原史生・山本友紀子・佐々木史織・吉岡 基.シャチの個体識別写真の画質が自然標識の視認性に与える影響.平成29年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2017/03/27

堀本高矩・平川由紀乃・田代郷史・辻本邑・和田昭彦・田中広繁・三谷曜子.北海道日本海側におけるキタオットセイの海上分布と漁業被害の地域差.2016年度勇魚会シンポジウム 2016/12/18 名古屋港ガーデンふ頭 名古屋港ポートビル 名古屋市

宮本春奈、岩原由佳、幅祥太、中原史生、大泉宏、斎野重夫、山本友紀子、吉岡基、三谷曜子. 北海道東部海域におけるシャチ (Orcinus orca)の分布と生息環境.2016年度勇魚会シンポジウム 2016/12/18 名古屋港ガーデンふ頭 名古屋港ポートビル 名古屋市

神保美渚,辻井浩希,水口大輔,三谷曜子.受動的音響モニタリング手法を用いたアゴヒゲアザラシの分布調査.2016年度勇魚会シンポジウム 2016/12/18 名古屋港ガーデンふ頭 名古屋港ポートビル 名古屋市

Otsuki M., Akamatsu T., Nobetsu T., Mitani Y. Presence of ribbon seal vocalizations are related to sea ice extent in the Nemuro Strait, the Okhotsk Sea. 5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016/12/02 Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort Honolulu, Hawaii, USA

Tsujii, K., Otsuki, M., Akamatsu, T., Matsuo, I., Amakasu, K., Kitamura, M., Kikuchi, T., Miyashita, K., Mitani, Y. Seasonal acoustic presence of fin and bowhead whales in relation to prey abundance and oceanographic environments in the southern Chukchi Sea. 5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016/12/02 Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort Honolulu, Hawaii, USA

Kimura, M., Miyashita, K., Mitani, Y., Harada, J., Onodera, M., Yamada, A., Tajima, A. The learning abilities of harbor seal (Phoca vitulina) to novel object and prey 日本動物心理学会第76回大会 2016/11/25 北海道大学 学術交流会館 札幌市

三好誉也・梅田直哉・赤松友成・辻井浩希・三谷曜子・岡本亮介.母島航路貨客船に対するザトウクジラの反応行動調査,日本クルーズ&フェリー学会,大阪府立大学I-siteなんば,大阪市,大阪府,2016.11.12

近藤誉充、池中良徳、中山翔太、水川葉月、Aksorn Saengtienchai、Yared Beyene、坂本健太郎、和田昭彦、服部薫、三谷曜子、田辺信介、野見山桂、石塚真由美、UGT2Bサブファミリーに着目した食肉目におけるグルクロン酸抱合能の動物種差解明、平成28年度内外環境応答・代謝酵素研究会、2016年9月17日~18日、静岡県立大学薬学部、静岡市、静岡県

Tsuda Y, Tashiro G, Ito T, Onda K, Miyagawa Y, Inoda T, Sodeyama S, Kitadani Y, Irino H, Mitani Y, Miyashita K. Horizontal and vertical movements of the whale shark, Rhincodon typus, in the southern waters of Japan. The 4th International Whale Shark Conference, Doha, Qatar, 16 May 2016

Poster Presentations ポスター発表

石井 緑・南川真吾・ 白川北斗・三谷曜子.日本周辺海域におけるカマイルカの潜水行動の日周変化.平成29年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2017/03/27

Jimbo, M., Tsujii, K., Mizuguchi, D., Miyashita, K., Mitani, Y. The relationships between vocalizing bearded seals and sea ice extent in the southern Chukchi Sea. 5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016/12/01 Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort Honolulu, Hawaii, USA

Jimbo, M., Tsujii, K., Mizuguchi, D., Miyashita, K., Mitani Y. The passive acoustic monitoring of bearded seals at the southern Chukchi Sea during 2012-2015. The Tenth Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustics Society, 函館市国際水産海洋総合研究センター,函館市,2016.11.22

Otsuki M., Akamatsu T., Nobetsu T., Mitani Y. Temporal distribution of ribbon seal vocalizations in the Nemuro Strait, the Okhotsk Sea. The Tenth Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustics Society, 函館市国際水産海洋総合研究センター,函館市,2016.11.22

Mitani, Y., Horimoto, T. Distribution of northern fur seals along the Japan Sea coast of southwestern Hokkaido. 9th International Conference Marine Mammals of the Holarctic, AZIMUT hotel, Astrakhan, Russia, November 4, 2016

Otsuki M, Akamatsu T, Nobetsu T, Mitani Y. Diversity of Marine Mammal Vocalizations off Rausu, Shiretoko, Northern Japan. Techno-Ocean 2016, 神戸コンベンションセンター, 2016.10.6

Koki Tsujii, Mayuko Otsuki, Tomonari Akamatsu, Ikuo Matsuo, Kazuo Amakasu, Minoru Kitamura, Takashi Kikuchi, Kazushi Miyashita,Yoko Mitani. Migration Monitoring of Fin Whales in the Southern Chukchi Sea with Acoustic Methods during 2012–2015. Techno-Ocean 2016, 神戸コンベンションセンター, 2016.10.6

2015

Oral Presentations 口頭発表

伊藤遼平・藤森康澄・小林由美・桜井泰憲・ 三谷曜子・蔵本洋介.北海道襟裳地域のサケ定置網内におけるゼニガタアザラシとサケの行動観測.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 2016年3月27日

水越楓・山本友紀子・大泉宏・幅祥太・斎野重夫・ 三谷曜子・中原史生・佐々木史織・吉岡基・幸島司郎.北海道東部に来遊するシャチの音声行動.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 2016年3月28日

三谷曜子・宮下和士・山本 潤・片山誓花・小林万里.VPS 測位システムによるゼニガタアザラシの行動追跡 ~北海道襟裳岬のサケ定置網周辺への出現~.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 2016年3月28日

三谷曜子・Russel D. Andrews・幅 祥太・宮本春奈・ 中原史生・大泉 宏・斎野重夫・山本友紀子・吉岡 基.北海道東部海域に出現するシャチの回遊追跡(速報).平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 2016年3月28日

Midori Ishii; Hiroto Murase; Yoshiaki Fukuda; Kouichi Sawada; Toyoki Sasakura; Tsutomu Tamura; Takeharu Bando; Koji Matsuoka; Akira Shinohara; Sayaka Nakatsuka; Nobuhiro Katsumata; Kazushi Miyashita; Yoko Mitani. Observation of diving behavior of sei whales in relation to vertical distribution of their prey. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 16, 2015

Yoko Mitani; Daisuke Saijo; Takuzo Abe; Hiroko Sasaki; Daniel Costa; Chandra Goetsch; Kazushi Miyashita. Hunting in the dark depths: Prey abundance and distribution in the mysterious world of a deep-diving predator, the northern elephant seal. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Takanori Horimoto; Svetlana Artemyeva; Peter Permyakov; Mari Kobayashi; Kaoru Hattori; Hiromi Kasai; Hiroshige Tanaka; Yoshinori Ikenaka; Shouta Nakayama; Hazuki Mizukawa; Mayumi Ishizuka; Vladimir Burkanov; Russel Andrews; Yoko Mitani; Yasunori Sakurai. The habitat use of northern fur seals Callorhinus ursinus around northern Japan during non-breeding season, defined from stable isotopes and trace elements in whiskers. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 14, 2015

林成幸・津田裕一・宇野睦実・伊東隆臣・恩田紀代子・三谷曜子・宮下和士.加速度ロガーを用いたミナミイワトビペンギンの交尾行動特定.第63回動物園技術者研究会,オークラ千葉ホテル,2015年10月21日

Yuka Iwahara, Hokuto Shirakawa, Kazushi Miyashita, Yoko Mitani. Foraging Distribution of Pacific White-Sided Dolphin, Dall’S Porpoise and Harbor Porpoise around Hokkaido, Japan. Vth International Wildlife Management Congress 2015, Sapporo Convention Center, Sapporo, July 30, 2015

Taisho Hakuman, Takanori Horimoto, Hiromi Kasai, Hiroshige Tanaka, Orio Yamamura, Mari Kobayashi, Kazushi Miyashita, Yoko Mitani. Stable Isotopes In Harbor Seal Whiskers As Indicators Of Seasonal Feeding Patterns. Vth International Wildlife Management Congress 2015, Sapporo Convention Center, Sapporo, July 27, 2015

Makoto Tomiyasu, Wan-Yu Kao, Koki Abe, Kenji Minami, Takashi Hamada, Taro Hirose, Michio Ogawa, Yoko Mitani, and Kazushi Miyashita. Do ribbonfish swim vertically? ˜ Relationship between their body angle and acoustic intensity ˜. The ICES Symposium on “Marine Ecosystem Acoustics (Some Acoustics)– observing the ocean interior in support of integrated management”. Cité de Congrès, Nantes, France, May 25-28, 2015  Early Career Scientist Awards

Koki Tsujii, Mayuko Otsuki, Tomonari Akamatsu, Ikuo Matsuo, Kazuo Amakasu, Minoru Kitamura, Takashi Kikuchi, Kazushi Miyashita,Yoko Mitani. Migration timing of fin whales monitored by passive acoustic method in the southern Chukchi Sea. The ICES Symposium on “Marine Ecosystem Acoustics (Some Acoustics)– observing the ocean interior in support of integrated management”. Cité de Congrès, Nantes, France, May 25-28, 2015

Poster Presentations ポスター発表

木村舞子・宮下和士・三谷曜子.ゼニガタアザラシ (Phoca vitulina) がサケ (Oncorhynchus keta) を口にするまで―新奇餌生物への摂餌過程.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 2016年3月27日

Yuka Iwahara, Shingo Minamikawa, Kazushi Miyashita and Yoko Mitani. Spatial distribution factors of Pacific white-sided dolphins around northern Japan. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 17, 2015

Seika Katayama, Kazushi Miyashita,Yoko Mitani. Overlap of juvenile harbor seals (Phoca vitulina) foraging areas and salmon fishing grounds around Cape Erimo, Japan. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 17, 2015

Keizo Ito, Nao Takahashi, Kaoru Hattori, Yoko Goto, Takuya Nakanowatari, Kay I. Ohshima, Takanori Horimoto, Yoshinori Ikenaka, Shouta M. Nakayama, Hazuki Mizukawa, Mayumi Ishizuka, Kazushi Miyashita, Yoko Mitani. Diet records in winter, migration and diving behavior during early summer of juvenile steller sea lions in the asian stock. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Shiori SASAKI, Hiroshi OHIZUMI, Shiho MIZUNO, Shiori ISOBE, Fumio NAKAHARA, Yoko Mitani, Yukiko YAMAMOTO, Kaede MIZUKOSHI, Shigeo SAINO, Shota HABA and Motoi YOSHIOKA. Saddle patch patterns and acoustic behaviors of the killer whales off Hokkaido, northern Japan. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Koki Tsujii, Mayuko Otsuki, Tomonari Akamatsu, Ikuo Matsuo, Kazuo Amakasu, Minoru Kitamura, Takashi Kikuchi, Kazushi Miyashita, Yoko Mitani. Migration timing of fin whales and its relationship to physical and biological environments using passive acoustic methods in the Arctic Sea. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Ayako Yamada・Takanori Horimoto・Yoshinori Ikenaka・Shouta M. Nakayama・Hazuki Mizukawa・Mayumi Ishizuka・Yoko Mitani・Kazushi Miyashita. Tracing migration of northern fur seals in Russian-Japanese waters using stable isotopes in whiskers. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Chandra Goetsch, Melinda Conners, Yoko Mitani, William Walker, Samantha E. Simmons, Colleen Reichmuth, Suzanne Budge, and Daniel P. Costa. A game of niches: Dietary differences reveal niche partitioning at multiple scales for a mesopelagic predator. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

Keiko Sekiguhi, Hiroji Onishi, Yoko Mitani, Toshihide Kitakado. Statistical analysis of cetacean sightings from T/S Oshoro Maru summer cruises (2003 to 2013) northward of 48°N in Northern Pacific, Bering and Chukchi Seas. 21st Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Hilton San Francisco, San Francisco, USA, Dec. 15, 2015

北 夕紀、増田兼一、堀本高矩、三谷曜子.糞を用いたキタオットセイの食性解析ならびに胃内容物解析との比較.日本DNA多型学会 第24回学術集会, 岡山大学, 2015年11月19-20日

Keizo Ito, Nao Takahashi, Kaoru Hattori, Yoko Goto, Takuya Nakanowatari, Kay I. Ohshima, Yoko Mitani, Kazushi Miyashita. Foraging Trips Of Juvenile Steller Sea Lions During Early Summer In Russian-Japanese Waters. Vth International Wildlife Management Congress 2015, Sapporo Convention Center, Sapporo, July 29, 2015

2014-2009

Oral Presentations 口頭発表

山田綾子・堀本高矩・石塚真由美・池中良徳・中山翔太・三谷曜子・宮下和士.日本海北部に来遊するキタオットセイの安定同位体比と利用海域との関係.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

石井 緑・村瀬弘人・福田美亮・澤田浩一・笹倉豊喜・田村 力・坂東武治・松岡耕二・篠原 陽・中束明佳・勝又信博・宮下和士・三谷曜子.北西太平洋におけるイワシクジラの潜水行動と餌生物環境との関係.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

藤森康澄・川本雄平・小林由美・伊藤遼平・桜井泰憲・三谷曜子・蔵本洋介・関口泰治.北海道えりも地域のサケ定置網におけるゼニガタアザラシによる食害防除を目的とした漁具改良の検討.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

辻井浩希・大槻真友子・赤松友成・松尾行雄・甘糟和男・喜多村稔・菊地隆・宮下和士・三谷曜子.設置型水中録音装置を用いたチャクチ海南部におけるナガスクジラ(Balaenoptera physalus)の鳴音モニタリング.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

片山誓花・白曼大翔・高石雅恵・宮澤奈月・岡崎雅子・廣﨑芳次・片倉靖次・宮下和士・三谷曜子.保護されたゴマフアザラシ新生獣における放獣後の回遊追跡と生息地選択.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

三谷曜子, 阪口功喜、小林万里、中野江一郎.ゼニガタアザラシ腸内容物のDNA分析による餌生物推定.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

大泉 宏・水野志保・礒部詩織・佐々木史織・幅 祥太・斎野重夫・水越 楓・山本友紀子・三谷曜子・中原史生・吉岡 基.北海道東部海域に出現するシャチのサドルパッチの形態的変異.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月28日

佐々木史織・大泉 宏・幅 祥太・三谷曜子・ 斎野重夫・中原史生・水越 楓・ 山本友紀子・吉岡 基.北海道東部海域に出現するシャチの鳴音発生頻度.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月28日

中野渡拓也,大島慶一郎,三谷曜子,服部薫,小林万里,桜井泰憲,三寺史夫,若土正曉.オホーツク海におけるバイオロギング海洋観測の試み.日本海洋学会 2015年度春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月22日

堀本高矩,三谷曜子.キタオットセイの越冬生態にみる海洋環境への対応.水産海洋地域研究集会 第45回北洋研究シンポジウム-北海道周辺海域における最近の気象・海洋環境変化と海洋生物の動向-, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2015年3月7日

石井緑・村瀬弘人・福田美亮・澤田浩一・笹倉豊喜・田村力・坂東武治・松岡耕二・篠原陽・中束明佳・勝又信博・宮下和士・三谷曜子.水産音響機器によるイワシクジラの潜水行動と餌生物環境に関する研究.平成26年度北海道音響資源調査研究情報交換会,函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2015年3月3日

Melinda Conners, Chandra Goetsch, Suzanne Budge, William Walker, Yoko Mitani, Daniel Costa, Scott Shaffer. Black-Footed Albatrosses Have Higher Levels Of Individual Variability In Behavior And Diet Than Their Sympatrically-Breeding Congener, The Laysan Albatross. Pacific Seabird Group 42nd Annual Meeting: A Future for Seabirds, San Jose Airport Garden Hotel, USA, Feb 18-21, 2015

西條大輔・阿部拓三・宮下和士・三谷曜子.摂餌回遊期におけるキタゾウアザラシ・メスの分布と海洋環境に関する研究.平成26年度日本水産学会北海道支部大会, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2014年12月19日

白曼大翔・葛西広海・田中寛繁・山村織生・小林万里・宮下和士・三谷曜子.ヒゲの安定同位体比分析によるゼニガタアザラシの食性履歴の推定.平成26年度日本水産学会北海道支部大会, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2014年12月19日 最優秀学生講演賞

岩原由佳、宮下和士、三谷曜子.北海道沿岸における小型鯨類3種の分布について.2014年度勇魚会シンポジウム,京都大学  総合研究8号館3階 NSホール,2014年11月30日

小林沙羅、三谷曜子、堀本高矩、遠藤秀紀.アシカ科動物の前肢とロコモーションの機能形態学的研究.2014年度勇魚会シンポジウム,京都大学  総合研究8号館3階 NSホール,2014年11月30日

堀本高矩・葛西広海・田中寛繁・桑江朝比呂・渡辺謙太・ 三谷曜子・桜井泰憲,. 北海道日本海および太平洋に来遊するキタオットセイの安定同位体比を用いた海域間比較.平成26年度日本水産学会秋季大会, 九州大学箱崎キャンパス, 福岡,2014年9月21日

Chandra Goetsch, Melinda Conners, Yoko Mitani, William Walker,Samantha E. Simmons, Colleen Reichmuth, Suzanne Budge, and Daniel P. Costa. Specific foraging behaviors are associated with different diets in northern elephant seals (Mirounga angustirostris). The 5th International Bio-Logging Science Symposium (BLS5), Palais des Congres (Strasbourg Conventin and Exhibition Center), Strasbourg, France. 23 September 2014.

山口 紘・宮腰靖之・青山智哉・ 篠原 陽・白川北斗・三谷曜子・宮下和士.鉛直的な水温環境がサケの遊泳行動と漁獲量に及ぼす影響.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月28日

今関 到・山本圭一・伊東隆臣・倉松明男・入野浩之・白川北斗・篠原 陽・三谷曜子・宮下和士.加速度ロガーを用いたエイラクブカの採餌行動の検出手法の構築.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月28日

伊藤慶造・高橋菜里・服部 薫・後藤陽子・中野渡拓也・大島慶一郎・三谷曜子・宮下和士.トドのメス個体の成熟度による夏季利用上陸場への回遊行動の差異.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

大槻真友子・赤松友成・安部幸樹・野別貴博・ 桜井泰憲・三谷曜子・宮下和士.知床羅臼沖における海棲哺乳類の受動式音響モニタリング.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

山本友紀子・水越 楓・中原史生・青山桜子・大泉 宏・幅 祥太・吉岡 基・三谷曜子・斎野重夫.北海道近海に生息するシャチのコールタイプの分類と海域間の比較.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

岩原由佳・関口圭子・松野孝平・中野 翼・西沢文吾・鵜山貴司・山口 篤・綿貫 豊・ 宮下和士・三谷曜子.ベーリング海北部・チュクチ海におけるコククジラの分布要因.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

三谷曜子, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews.キタオットセイ成熟メスの採餌トリップ中における毛繕い行動.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

Yoko Mitani, Yuka Iwahara, Keiko Sekiguchi, Kohei Matsuno, Atsushi Yamaguchi, Kazushi Miyashita. Gray whale distribution in relation to the benthos in the northern Bering Sea and the Chukchi Sea in the early summer. The Fourth Symposium on Polar Science. National Institute of Polar Research, Tokyo, Japan, November 12, 2013

Yuka Iwahara, Bungo Nishizawa, Keiko Sekiguchi, Yutaka Watanuki, Kazushi Miyashita, Yoko Mitani. Spatial relationship between gray whale and zooplankton in the Bering and Chukchi Seas in early summer of 2013 using a quantitative echosounder. The Seventh Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustics Society, Tokyo University of Marine Science and Technology, Tokyo, Japan, 5 November 2013

Mayuko Otsuki, Kazuo Amakasu, Minoru Kitamura, Shigeto Nishino, Takashi Kikuchi, Yoko Mitani, Kazushi Miyashita. The presence of fin whale vocalizations is correlated with zooplankton abundance in the southern Chukchi Sea. PICES 2012 Annual Meeting, Vancouver Island Conference Centre, Nanaimo, BC, Canada, Oct. 17, 2013

三谷曜子, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. 動きの構成要素から行動シークエンスへ: 加速度データロガーによるキタオットセイの採餌行動 .第 29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会 2013年度 合同大会, 岡山理科大学, 2013年9月7日

小林沙羅,三谷曜子,堀本高矩,遠藤秀紀. アシカ科における前肢の遊泳ロコモーション比較.第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会 2013年度 合同大会, 岡山理科大学, 2013年9月7日

堀本高矩,三谷曜子,桜井泰憲.北海道周辺海域におけるキタオットセイの来遊状況と食性の地域差.平成25年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2013年3月29日.

青山桜子・大泉 宏・幅 祥太・三谷曜子・斎野重夫・中原史生・吉岡 基.釧路・羅臼周辺海域に来遊するシャチの音響行動.平成25年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2013年3月29日.

山本圭一・木村龍一・山口紘・白川北斗・三谷曜子・宮下和士:音響テレメトリ手法を用いたブラウントラウトに関する行動戦略の可視化.平成25年度日本水産学会春季大会,日本海洋大学,東京,平成25年3月27日~30日(2013)

富安信・山本圭一・濱田貴史・小河道生・廣瀬太郎・竹下文雄・三谷曜子・宮下和士:バイオロギング手法を用いたタチウオにおける姿勢角の推定.平成25年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学品川キャンパス,平成25年3月26日-30日(2013)

高橋菜里,服部 薫,後藤陽子,大島慶一郎,宮下和士,三谷曜子.Movement patterns and diving behavior of Steller sea lions in the
early summer to use the coast of Hokkaido. 北方圏国際シンポジウム,紋別市文化会館,2013.2.18

白曼大翔,三谷曜子,高橋菜里,高石雅枝,宮澤奈月,廣崎芳次,片倉靖次,宮下和士.Movements of rehabilitated spotted seal pups in the Okhotsk sea.北方圏国際シンポジウム,紋別市文化会館,2013.2.18

Yoko Mitani, Daisuke Mizuguchi, Mayuko Otsuki and Yuka Iwahara. Acoustic monitoring and visual survey of marine mammals in summer in the Chukuchi Sea and Barrow Canyon. ESSAS Annual Science Meeting. Hakodate Community Design Center, Hokkaido, Japan, January 7, 2013

Keiichi YAMAMOTO, Yoko MITANI, Kazushi MIYASHITA. Diel swimming pattern of brown trout in a dam by acoustic tracking. The Sixth Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustics Society (AFAS2012), VISTAS HOTEL, BUSAN, KOREA, 26-27 Nov. 2012

三谷曜子, 大島慶一郎, 桜井泰憲. 小型CTD等を装着した鰭脚類による海洋観測データの取得. Techno-Ocean2012 「安心の海、そして豊かの海へ」 神戸国際会議場, 2012年11月19日

Tabitha C.Y. Hui, Yumi Kobayashi, Yoko Mitani, Kei Fujii, Kei Hayashi and Kazushi Miyashita. Spatial, temporal and dietary overlap between harbour seals and fisheries in Erimo, Japan: Conflict at sea? PICES 2012 Annual Meeting, International Conference Center, Hiroshima, Japan, 19 Oct. 2012 BIO Committee Best Presentation Award

岩原由佳,三谷曜子,宮下和士.北海道沿岸域におけるカマイルカの分布要因の推定.日本セトロジー研究会第23回松島大会,松島町中央公民館,2012年6月3日

堀本高矩,三谷曜子,桜井泰憲.北海道渡島半島西部海域のキタオットセイはなぜ沿岸域にも分布するのか? 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2012年3月29日.

高橋菜里,服部 薫,後藤陽子,和田昭彦,中野渡拓也,大島慶一郎,三谷曜子,宮下和士.衛星発信機を用いたトド妊娠雌の北上期における行動.日本生態学会第59回大会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2012年3月21日.

Yoko Mitani, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. Activity budget of shallow-diving northern fur seals (Callorhinus ursinus) during the breeding period in the Kuril Islands. 19th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, The Tampa Bay Convention Center, Florida, USA, Nov. 29, 2011

高橋菜里,服部 薫,後藤陽子,和田昭彦,中野渡拓也,大島慶一郎,三谷曜子,宮下和士.北海道猿払に来遊するトド妊娠雌における北上回遊期の行動.平成23年度日本水産学会北海道支部大会,北海道大学水産学部, 2011年11月25日.

篠原陽,水越麻仁,本多健太郎,三谷曜子,宮下和士.知床半島周辺海域に回帰したシロザケの遊泳深度決定要因. 平成22年度知床世界自然遺産地域生態系調査報告会,札幌市教育文化会館,2011年2月23日

Poster Presentations ポスター発表

富安 信・濱田貴史・竹下文雄・廣瀬太郎・小河道生・三谷曜子・宮下和士.バイオロギング手法を用いたタチウオの遊泳行動に関する研究.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

白曼大翔・葛西広海・田中寛繁・山村織生・小林万里・堀本高矩・宮下和士・三谷曜子.ヒゲの安定同位体比を用いたゼニガタアザラシの食性履歴の推定.平成27年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2015年3月30日

水越 楓、山本友紀子、中原史生、大泉 宏、青山桜子、三谷曜子、吉岡 基、幅 祥太、斎野重夫.北海道沿岸に来遊するシャチ(Orcinus orca)の音響行動解析と他海域との比較.2014年度勇魚会シンポジウム,京都大学 理学研究科セミナーハウス,2014年11月29日

西條大輔・阿部拓三・宮下和士・三谷 曜子.摂餌回遊期におけるキタゾウアザラシ・メスの分布と海洋環境に関する研究.第10回日本バイオロギング研究会シンポジウム, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2014年10月10日

水口 大輔・三谷 曜子・幸島 司郎.知床・羅臼沖におけるクラカケアザラシの鳴音特性.第10回日本バイオロギング研究会シンポジウム, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2014年10月10日

伊藤慶造・高橋菜里・服部 薫・後藤陽子・中野渡拓也・大島慶一郎・三谷曜子・宮下和士.トドの未成熟個体の夏期における移動と潜水行動.第10回日本バイオロギング研究会シンポジウム, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2014年10月10日

Takanori HORIMOTO, Yoko Mitani, AND Yasunori SAKURAI. Current stranding records of northern fur seals (Callorhinus ursinus) and spatial, seasonal variation in their stomach contents around Hokkaido, Japan. the 8th International Conference “Marine Mammals of Holarctic”, Informational and Educational Centre, St. Petersburg, Russia, Sep 25, 2014

小林沙羅, 三谷曜子,堀本高矩,遠藤秀紀. アシカ科の前肢筋についての比較解剖.2014年度日本哺乳類学会大会, 京都大学百周年時計台記念館2階 国際交流ホール, 京都、 2014年9月5日

Sara Kobayashi, Yoko Mitani, Takanori Horimoto, and Hideki Endo. CT imaging analysis of the forelimb movement in Otariidae. European Association for Aquatic Mammals 2014 Annual Symposium, HOTEL BOTÁNICO, Tenerife, Spain, March 15, 2014

鈴木沙知子、関口圭子、三谷曜子、大西広二、上遠岳彦. 北太平洋及びベーリング海におけるイシイルカ(Phocoenoides dalli)の分布に関する研究.日本動物学会関東支部 第66回大会, 東京大学柏キャンパス, 東京、 2014年3月15日

後藤陽子・夏目雅史・堀本高矩・三谷曜子・桜井泰憲.北海道松前沿岸に来遊するオットセイの食性.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

白曼大翔・高橋菜里・高石雅枝・宮澤奈月・岡崎雅子・廣崎芳次・片倉靖次・宮下和士・三谷曜子.北海道オホーツク海沿岸で保護されたゴマフアザラシ(Phoca largha)新生獣における放獣後の回遊行動.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

西條大輔・宮下和士・三谷曜子.摂餌回遊期におけるキタゾウアザラシメスの分布と海洋環境に関する研究.平成26年度日本水産学会春季大会, 北海道大学函館キャンパス, 2014年3月30日

Mitani, Y., Hakuman, T., Sakaguchi, K., and Miyashita, K. Feeding ecology and foraging behavior of harbor seal (Phoca vitulina) in-situ and ex-situ: Systematic conservation and management planning for the coexistence of harbor seals and fishries along the coast of Oyashio. International Symposium “Dolphin acoustics, behavior and cognition”, Shizuoka Convention & Arts Center “GRANSHIP” Room, Shizuoka, Japan, Feb. 2, 2014

Iwahara, Yuka; Matsuno,Kohei; Sekiguchi, Keiko; Yamaguchi, Atsushi; Uyama, Takashi; Miyashita, Kazushi; Mitani, Yoko. Baleen whale aggregations related with Euphausiids distributions in the Chukchi Sea. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 12 December 2013

Sasaki, Hiroko; Murase, Hiroto; Matsuoka, Koji; Mitani, Yoko; Saitoh, Sei-Ichi. Seasonal shift of rorquals habitat in the western North Pacific. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 12 December 2013

Horimoto, Takanori; Mitani, Yoko; Sakurai,Yasunori. Seasonal change in the feeding habits of northern fur seals Callorhinus ursinus in coastal areas of western Hokkaido, Japan, determined by analyses of stomach contents and stable isotopes in whiskers. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 12 December 2013

Goetsch, Chandra; Conners, Melinda G.; Simmons, Samantha E.; Walker, William; Mitani, Yoko; Budge, Suzanne M.; Costa, Daniel P. What’s on the menu? Determining the diet of a mesopelagic predator. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 12 December 2013

Otsuki, Mayuko; Akamatsu, Tomonari; Abe, Koki; Nobetsu, Takahiro; Mitani, Yoko; Sakurai, Yasunori; Miyashita, Kazushi. Diel and seasonal changes in the acoustical presence of marine mammals off Rausu, northern Japan. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 12 December 2013

Hakuman, Taisho; Takahashi, Nao; Takaishi, Masae; Miyazawa, Natsuki; Hirosaki, Yoshitsugu; Katakura, Seiji; Miyashita, Kazushi; Mitani, Yoko. Movements and diel changes in diving behaviour of rehabilitated spotted seal pups in the Sea of Okhotsk. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Otago University, Dunedin, New Zealand, 10 December 2013

高橋菜里・服部薫・後藤陽子・大島慶一郎・宮下和士・三谷曜子.北海道宗谷海峡を利用するトド(Eumetopias jubatus)の行動圏と潜水行動.平成25年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2013年3月28日.

岩原由佳・宮下和士・三谷曜子.秋季ベーリング海北部・チュクチ海における鯨類の分布.平成25年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2013年3月29日.

Yuka Iwahara, and Yoko Mitani. Visual survey of cetaceans in autumn in the Arctic. ESSAS Annual Science Meeting. Hakodate Community Design Center, Hokkaido, Japan, January 7, 2013

三谷曜子, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. キタオットセイ成熟メスの育子期中の採餌トリップにおける行動時間配分.第31回日本動物行動学会, 奈良女子大学, 2012年11月23-24日

高橋菜里,服部 薫,後藤陽子,大島慶一郎,宮下和士,三谷曜子.北海道に来遊するトドEumetopias jubatusの衛星追跡~初夏の回遊ルート~.日本哺乳類学会2012年度大会,麻布大学, 2012年9月20-23日.

三谷曜子, 高橋菜里,高石雅枝,廣崎芳次,片倉靖次,宮下和士.保護されたゴマフアザラシ幼獣の放獣後の回遊行動.第17回野生生物保護学会, 東京農業大学オホーツクキャンパス, 2011年10月15-16日

高橋菜里,服部 薫,後藤陽子,和田昭彦,中野渡拓也,大島慶一郎,三谷曜子,宮下和士.北海道猿払沖からロシアに北上するトド妊娠雌の回遊と潜水行動.日本哺乳類学会2011年度大会,宮崎市民プラザ, 2011年9月8-11日.

Yoko Mitani, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. Travelling behavior of northern fur seals during the breeding period in the Kuril Islands. The Fourth International Science Symposium on Bio-logging, Wrest Point Hotel and Conference Centre, Tasmania, Australia, Mar. 13-18, 2011

Keiichi Yamamoto, Yoko Mitani, and Kazushi Miyashita. Quantitative Comparison of swimming patterns between rainbow trout and white spotted charr under flowing-water conditions. 1st International Conference on Fish Telemetry, 北海道大学学術交流会館, Jun. 12-18, 2011

Nobuyuki Takahashi, Kentaro Honda, Haruka Kagiwada, Keiichi Yamamoto, Yoko Mitani, Kazushi Miyashita. Swimming patterns and habitat use of Sakhalin taimen (Hucho perryi) using acceleration data logger, in the Bekanbeushi River, Lake Akkeshi and an estuary in Hokkaido, Japan. 1st International Conference on Fish Telemetry, 北海道大学学術交流会館, Jun. 12-18, 2011

Ryuichi Kimura, Kentaro Honda, Akira Shinohara, Yoko Mitani, Kazushi Miyashita. Application of acoustic telemetry for investigation about migration of masu salmon(Oncorhynchus masou masou)in the Churui River, Hokkaido,Japan. 1st International Conference on Fish Telemetry, 北海道大学学術交流会館, Jun. 12-18, 2011

高橋菜里,中村幸弘,青柳彰,南部久男,東出幸真,鈴木夕紀,三谷曜子,田島木綿子,山田格.日本沿岸にストランディングしたカマイルカ(Lagenorhynchus obliquidens)の胃内容物解析.日本セトロジー研究会 第22 回大会, 名古屋港水族館, 2011年6月18-19日.

Keiichi Yamamoto, Yoko Mitani, and Kazushi Miyashita. Comparison of swimming patterns between rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) and white spotted charr (Salvelinus leucomaenis) using acceleration data loggers under flowing-water conditions. The Fourth International Science Symposium on Bio-logging, Wrest Point Hotel and Conference Centre, Tasmania, Australia, Mar. 13-18, 2011

Nobuyuki Takahashi, Kentaro Honda, Haruka Kagiwada, Keiichi Yamamoto, Yoko Mitani, Kazushi Miyashita. Swimming patterns and habitat use of Sakhalin taimen (Hucho perryi) using acceleration data logger, in the Bekanbeushi River, Lake Akkeshi and an estuary in Hokkaido, Japan. The Fourth International Science Symposium on Bio-logging, Wrest Point Hotel and Conference Centre, Tasmania, Australia, Mar. 13-18, 2011

三谷曜子, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. ぐるぐる回って移動する?:キタオットセイの潜水行動.第29回日本動物行動学会, 沖縄県男女共同参画センターてぃるる, 2010年11月21日

Yoko Mitani, Vladimir N. Burkanov, Russel D. Andrews. Monitoring multi-dimensional movements of northern fur seals during breeding period in the Kuril island. 18th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Quebec City Convention Center, Quebec, Canada, Oct. 12-16, 2009

-2008

Oral Presentations 口頭発表

Yoko Mitani, Russell D. Andrews, Katsufumi Sato, Akiko Kato, Yasuhiko Naito, Daniel P. Costa. Falling out of control during drift dives of northern elephant seals. Third International Bio-logging Science Symposium, Asilomar Conference Centre, Monterey, California, USA, Sep. 4, 2008

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Russell D. Andrews, Daniel P. Costa, Akiko Kato, Yasuhiko Naito. 3D resting behavior of northern elephant seals: do they ‘drift’ under the sea?. 17th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, the Cape Town International Convention Centre, Cape Town, South Africa, Dec. 3, 2007

三谷曜子, 佐藤克文, Russell D. Andrews, Daniel P. Costa, 加藤明子, 内藤靖彦.バイオロギングシステムを用いた水棲動物研究 6 ―キタゾウアザラシにおける休息行動の三次元解析―. 平成19年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,2007年3月28日

三谷曜子, Kelly Newton, Erin Oleson, John Calambokidis, James Harvey, Donald Croll, 加藤明子, 内藤靖彦.落下するクジラ:データロガーによって明らかとなったシロナガスクジラの潜水行動. 日本バイオロギング研究会第2回シンポジウム,慶応大学,2006年10月4日

三谷曜子, Kelly Newton, Erin Oleson, John Calambokidis, James Harvey, Donald Croll, 加藤明子, 内藤靖彦.データロガーによって得られたシロナガスクジラの三次元潜水行動. 平成18年度日本水産学会春季大会,高知大学,2006年3月31日

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Daniel P. Costa, Burney J. Le Boeuf, Yasuhiko Naito. Migrating elephant seals minimize both time and energy costs during foraging dives. 16th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Manchester Grand Hyatt, San Diego, California, USA, Dec. 12, 2005

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Martin Biuw, Jean-Benoit Charrassin, Iain Field, Daniel P. Costa, Burney J. Le Boeuf, Yasuhiko Naito. Stroking pattern and body angle in diving elephant seals. The 2nd International Symposium on Bio-logging Science, The University of St Andrews, Scotland, Jun. 15, 2005

三谷曜子,佐藤克文,内藤靖彦.加速度データロガーを用いたキタゾウアザラシの潜水行動解析.平成16年度日本水産学会春季大会,鹿児島大学,2004年4月4日

Yoko Mitani, Yuuki Watanabe, Katsufumi Sato, Michael F. Cameron, Yasuhiko Naito. Diving costs and prey availability of Weddell seals: comparisons of three-dimensional dive paths and image data between two breeding colonies. 15th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, the Joseph S. Koury Convention Center in Greensboro, North Carolina, USA, Dec. 19, 2003

Yoko Mitani, Yuuki Watanabe, Katsufumi Sato, Michael F. Cameron, Donald B. Siniff, Yasuhiko Naito. Reconstructing three-dimensional dive paths of free-ranging Weddell seals using geomagnetic and acceleration data. Second International Symposium on Aqua Bio-Mechanisms 2003, Tokai University Pacific Center Honolulu, Hawaii, USA, Sep. 14-17, 2003

三谷曜子,渡辺佑基,佐藤克文,内藤靖彦.三次元行動解析によるウェッデルアザラシの潜水経路の個体間比較.平成15年度日本水産学会春季大会,東京水産大学,2003年4月4日

Yoko Mitani, Yuuki Watanabe, Katsufumi Sato, Michael F. Cameron, Donald B. Siniff, Yasuhiko Naito. Effects of ice hole location on foraging behavior: Results from the reconstructed three-dimensional dive paths of free-ranging Weddell seals. International Symposium on Bio-Logging Science, National Institute of Polar Research, March 17-21, 2003

三谷曜子,佐藤克文,渡辺佑基,内藤靖彦.定着氷により呼吸孔が限定されたウェッデルアザラシの三次元摂餌潜水行動. 平成14年度日本水産学会春季大会,近畿大学農学部,2002年4月2日

三谷曜子,佐藤克文,内藤靖彦.3次元遊泳方向と画像情報によるウェッデルアザラシの潜水行動. 平成13年度日本水産学会春季大会,日本大学生物資源学部,2001年4月4日

三谷曜子,坂東武治,高井則之,坂本亘.炭素・窒素安定同位体比による北西太平洋ミンククジラの摂餌環境の解明-Iヒゲ板に記録された摂餌履歴の解明. 平成12年度日本水産学会春季大会,東京水産大学,2000年4月2日

三谷曜子,荒井修亮,坂本亘,吉田紘二,杢野由明,馬場徳寿.海産哺乳類の歯の微量元素分析. 第15回PIXEシンポジウム,日本原子力研究所高崎研究所,1997年11月6日

Poster Presentations ポスター発表

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Daniel P. Costa, Burney J. Le Boeuf, Yasuhiko Naito. Dive angles and stroke patterns of migrating elephant seals: comparison among dive functions. XXXI Symposium on Polar Meterology and Glaciology Polar Biology, NIPR, Tokyo, Japan, Dec. 5, 2008

三谷曜子, Kelly Newton, Erin Oleson, John Calambokidis, James Harvey, Donald Croll, 加藤明子, 内藤靖彦.地球上最大の哺乳類―シロナガスクジラの潜り方. 日本哺乳類学会2006年度大会,京都大学,2006年9月15日

Yoko Mitani, Yuuki Watanabe, Katsufumi Sato, Michael F. Cameron, Yasuhiko Naito. Fine-scale three-dimensional foraging behavior of Weddell seals correlates of bathymetric variation. XXVI Symposium on Polar Biology, NIPR, Tokyo, Japan, Dec. 4, 2003

三谷曜子・渡辺佑基・佐藤克文・内藤靖彦.ウェッデルアザラシの潜水コストと餌分布-三次元潜水経路と画像情報の繁殖コロニー間比較-.第74回日本動物学会大会シンポジウム「マイクロ計測による新しい海洋生物学」,函館大学,2003年9月17日

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Yasuhiko Naito. Calculations of three dimensional diving paths of free-ranging Weddell seals from geomagnetic data. XXIV Symposium on Polar Biology, NIPR, Tokyo, Japan, Dec. 6, 2001

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Mike F. Cameron, Donald B. Siniff, Yasuhiko Naito. Three dimensional diving paths of free-ranging Weddell seals in relation to prey abundance. XXIV Symposium on Polar Biology, NIPR, Tokyo, Japan, Dec. 6, 2001

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Yasuhiko Naito. Three dimensional diving paths of free-ranging Weddell seals in relation to prey abundance. 14th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, Vancouver B. C., Canada, Nov. 28- Dec. 3, 2001

Yoko Mitani, Katsufumi Sato, Yasuhiko Naito. Deep diving behavior of free-ranging Weddell seals in relation to prey abundance. VIII SCAR International Biology Symposium, Vrije Universiteit, Amsterdam, The Netherlands, Aug. 27 – Sep. 1, 2001

 

Lectures 講演・講義

北海道のヒレアシ類の保全管理./ バイオロギングでヒレアシ類の食べる行動を解きあかす.一般社団法人マナティー研究所「第4回海牛祭り」,Zoom,2022年3月12日

近そうでまだ遠いか?ゼニガタ〜共に生きていくために研究ができること〜2021年度勇魚会シンポジウム, Zoom, 2021年12月18日

Marine mammals and prospects for sustainable tourism. 第12回北極域オープンセミナーとの連携国際ワークショップ「太平洋北極圏における持続可能なクルーズ産業の開発:過去の展開と将来の展望」, Zoom, 2021年12月8日

海に暮らす哺乳類:オットセイやアザラシ、イルカとクジラ、そしてヒト.亜寒帯北極海海洋生態系研究(ESSAS) 2021
公開講演会,Zoom,2021年5月30日 

北海道でのシャチの暮らし.一般社団法人マナティー研究所「第3回海牛祭り〜潜る鯨類と潜らない海牛類〜」,Zoom,2021年3月13日

シャチとヒトが共に暮らす海に.京都市動物園「動物園DEサイエンストーク」,Zoom,2021年2月28日

海棲哺乳類とヒトの関係-知床のシャチ-.認定NPO法人 シニア自然大学校 地球環境「自然学」講座,Zoom,2020年11月28日

知られざるシャチの生態と行動.令和2年度第2回道民カレッジ 「ほっかいどう学」大学インターネット講座 https://www.youtube.com/watch?v=7RcsEKvZvgw&feature=youtu.be

北海道の海棲哺乳類.北海道大学・海遊館共同サイエンスカフェ~北海道の海棲哺乳類~,海遊館,2019年11月24日

北海道で野生のシャチを研究する.SAGA22,日本モンキーセンター,2019年11月16日

北海道でのシャチ研究:なぜシャチは北海道の海にやってくるのか.令和元年度名古屋港水族館共同研究講演会~水族館で北海道大学の研究授業~,名古屋港水族館,2019年10月20日

カマイルカの生態.むつ ドルフィンウォッチング講習会,むつ市役所,2019年4月16日

北海道東部海域におけるシャチの生態と行動.北海道の環境保全活動データベース『きたマップ』公開記念シンポジウム~自然保護助成基金設立25周年記念イベント~,北海道大学学術交流会館,2019年4月13日

シャチの暮らし シャチの楽園 知床羅臼,羅臼小学校「優・遊・悠」,2018年5月17日

海棲哺乳類の回遊追跡 第1回水族館研究会,国立オリンピック青少年総合センター,2018年2月27日

カマイルカってどんなイルカ? むつわんのイルカシンポジウム,プラザホテルむつ,2017年3月11日

点と点とをつなぐために~天からクジラを追う方法~ 2016沖縄ザトウクジラ会議 ~衛星タグで探る海の動物たちの行動~,沖縄県トラック協会 第一研修室(那覇市),2016年12月5日

Human-marine mammal interaction. JICA研修「水産資源の持続的な利用とバリューチェーン開発(JICA-VCP)」,愛冠自然史博物館, 2016年9月22日

海獣のいる海~ヒトと海獣との共存を考える~ .2016 北海道大学水産学部 公開講座「弁天町発!! 水産・海洋研究の最前線」, 北海道大学水産学部 講義棟大講義室, 2016年7月9日

衛星発信器でシャチを追う~道東のシャチはどこへ行くのか?北海道シャチ研究大学連合活動報告会,羅臼小学校「優・遊・悠」,2016年5月28日

のぞいてみよう,アザラシの世界.青森県上久保小学校 修学旅行講義, 函館市国際水産・海洋総合研究センター, 2015年9月2日

Harbor seals and salmon fisheries: from captive experiments. Round Table “A new strategic plan for management of the Kuril harbor seal aiming at the coexistence between the seals and local fisheries in Erimo area, southern Hokkaido.”, Vth International Wildlife Management Congress 2015, Sapporo Convention Center, Sapporo, July 30, 2015

船による北海道の海棲哺乳類目視調査 .2014年度勇魚会シンポジウム,京都大学  総合研究8号館3階 NSホール,2014年11月29日

Acoustic monitoring of marine mammals in the seasonal sea ice zone. International Symposium for Women Scientists 2014,Frontier Research in Applied Sciences Building, Hokkaido University, Oct. 27, 2014

衛星発信器を用いた鰭脚類の回遊追跡 ~ と、FastLoc GPS の最新データ収集具合速報.第10回日本バイオロギング研究会 WS「バイオロギングでのアルゴスの使い方」,函館市国際水産・海洋総合研究センター,2014年10月11日

鰭脚類の休息行動:キタゾウアザラシとキタオットセイを例に.日本心理学会第78回大会 公募シンポジウム「海に挑むこころの科学─イルカ類と鰭脚類の認知・行動研究の最前線─」,同志社大学今出川キャンパス,2014年9月10日

のぞいてみよう,アザラシの世界.青森県上久保小学校 修学旅行講義, 北海道大学函館キャンパス大会議室, 2014年9月3日

海 冷たい海の変化と生態系. GRENE北極気候変動研究事業 公開講演会 「遠くて近い北極 ―ここまでわかった温暖化―」,自由学園 明日館講堂,2014年3月15日

衛星発信器を用いた鰭脚類の回遊追跡.平成26年度アルゴスJGU会合,慶應義塾大学三田キャンパス,2014年2月27日

のぞいてみよう,アザラシの世界.青森県上久保小学校 修学旅行講義, 北海道大学函館キャンパス大会議室, 2013年9月4日

「保護アザラシの大冒険」~アザラシ回遊ルートの追跡~.紋別市民講座(道民カレッジ連携講座),紋別市博物館,2013年6月1日

保護アザラシ,とっかりセンターからの旅立ち.第28回北方圏国際シンポジウム 公開講座,紋別市文化会館,2013年2月19日

迷子のアザラシ,どこへ行く?~衛星発信器によるゴマフアザラシ保護個体の追跡~.水産・海洋市民講座「バイオロギング」~知られざる動物たちの世界を観る科学~,ロワジールホテル函館,2012年10月3日

のぞいてみよう,アザラシの世界.青森県上久保小学校 修学旅行講義, 北海道大学函館キャンパス大会議室, 2012年9月5日

三谷曜子,高橋菜里,高石雅枝,廣崎芳次,片倉靖次,宮下和士.迷子アザラシの回遊追跡調査.第27回北方圏国際シンポジウム 公開講座,紋別市文化会館,2012年2月22日

バイオロギングの世界へようこそ~ハイテク機器を使って海の不思議を覗いてみよう~.北海道札幌藻岩高等学校 学問研究ガイダンス, 北海道札幌藻岩高等学校, 2011年10月28日

生物学.JICA集団研修「持続可能な沿岸漁業(B)」, 北海道大学大学院水産科学研究院 講義棟, 2011年10月19日

Ocean World: A Top Predator’s Eye View.Advanced Program to Foster Young and Female Researchers From Southeast Asia in Sustainable Fisheries, 北海道大学大学院水産科学研究院 函館市産学官交流プラザ, 2011年9月20日

海洋生物のモニタリング.平成23年度地域再生人材創出拠点の形成「新水産・海洋都市はこだてを支える人材養成」, 北海道大学大学院水産科学研究院 函館市産学官交流プラザ, 2011年6月11日

Russel D. Andrews, 三谷曜子.オットセイの資源動態と回遊生態.第2回オホーツク生態系保全 日露協力シンポジウム, 北海道大学学術交流会館, 2011年5月15日

見えないアザラシの行動をみる.2010年度勇魚会シンポジウム, 東京大学 駒場Iキャンパス 18号館 1階ホール, 2011年2月11日

Otariids in Japan.国立科学博物館国際シンポジウム2010 研究ワークショップ Diversity of Marine Mammals – Along the Asian Coasts,国立科学博物館日本館大会議室,2010年8月27日

バイオロギングでわかってきた海洋生物の不思議な行動.平成22度北海道大学水産学部公開講座「海に学ぶミラクルバイオワールド-海洋生物の能力を人の暮らしに役立てる」, 市立函館高等学校, 2010年9月4日

キタオットセイってどんな動物?-キタオットセイの生活史-.おさかなセミナーくしろ2009「北の海のけものたち」, 釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」, 2009年8月30日

比較行動学,跡見学園女子大学,2008年前期

三谷曜子・高橋晃周・Russel D. Andrews.地磁気・加速度データロガーを用いたキタオットセイの採餌行動モニタリング.2007年度水産海洋学会水産海洋地域研究集会「大型海洋動物の移動追跡と生息場所選択~問題点と最近の解析手法」,静岡県産業経済会館,2007年11月22日

北西太平洋におけるミンククジラの摂餌回遊. 平成19年度日本水産学会秋季大会シンポジウム「水産動物の生態研究における安定同位体比分析の現状と展望」,北海道大学,2007年9月28日

キタゾウアザラシの潜水行動.Deep diving behavior of northern elephant seals. 沖縄美ら海水族館開園30周年記念「未知の世界へ、神秘の深海生物を探る - 国際シンポジウム -」,沖縄美ら海水族館,2007年2月24日

アザラシの話. 南極観測50周年「記念講演会」『南極の動物たち』(見えてきたペンギン・アザラシの水中生態),日本科学未来館,2006年11月19日

バイオロギングサイエンス~データロガーを用いた海洋動物研究~.日本哺乳類学会2006年度大会自由集会 海獣談話会 海生哺乳類研究の可能性を探る-様々なフィールド・手法から- ,京都大学,2006年9月17日

潜水行動と生理.東京大学海洋研究所 集中講義「海産哺乳類学」,東京大学海洋研究所,2004年1月16日

アザラシの見る氷の世界.横浜市立大学アーバンカレッジ リカレント講座「極限の生物」,横浜市立大学アーバンカレッジ,2003年10月18日

氷の下のアザラシ親子のスキンシップ.平成15年度海洋理工学会秋季大会シンポジウム「水圏生物バイオテレメトリーの最前線-見えないものを観る-」,海洋科学技術センター東京連絡所,2003年10月16日

氷の下で餌を捕る-ウェッデルアザラシの三次元潜水行動.第13回アクアバイオメカニズム研究会,大阪大学,2003年10月14日

南極海氷下におけるウェッデルアザラシの三次元摂餌潜水行動.平成14年度日本水産学会近畿支部シンポジウム「マイクロ計測が海洋生物研究と水産資源管理に果たす役割」,京大会館,2002年7月7日

氷の下のウェッデル,海の中のゼニガタ―データロガーによる潜水行動研究―. ゼニガタアザラシ研究グループ20周年記念事業「ゼニガタアザラシと共に歩んだ20年」,帯広畜産大学,2002年5月5日

海棲哺乳類学研究,東京コミュニケーションアート専門学校,2002-2003年前・後期

PAGE TOP